工業用ミシンとか職業用ミシンってどんなミシン?初心者でも使えるの?

ミシンの種類を見ていると、工業用とか職業用と名前のついたミシンを見つけることが出来ます。

何だプロ専用のミシンか、と関係ないということでスルーしてしまう人も多いはずです。

しかしこの職業用のミシン、実は家庭用としても大変にお役立ちなのです。

そもそも工業用ミシンって

パッと見てわかるように、実際に縫製工場やプロの縫製職人の使っているミシンです。

この手のミシンで有名なメーカーは、JUKIですね。

職業用ミシン、世界シェア率NO1と言うメーカーです。

昔からあるメーカーなので、名前は誰でも知っていますね。

他にもブラザーなども、工業用のミシンのメーカーとして有名です。

縫製工場などで使われるので、早く正確に縫えるというのがこの手のミシンの特徴です。

縫い目の大きさもきれいに揃えることができるのは、もちろんプロの職人の技もですが、この手のミシンの性能に負うところも大きいのです。

じゃあやっぱりプロの使うもので、普通の過程ではあまり利用者はいないのでは、と思ってしまいますね。

しかしこれ、家庭用のミシンとして利用する人、実は多いのです。

理由は簡単、きれいな仕上がりと縫製の速さからです。

工業用のミシンの特徴は

何よりもシンプルで余計な機能もなく、縫い目の綺麗さ仕上がりの美しさに特化したのが工業用ミシンです。

パワーが段違い

家庭用のミシンと職業用のミシンでは、パワーが段違いに違います。

モーターが大きければその分パワーも上がるというのは当然です。

そしてその大きなモーターを搭載しているのが、工業用ミシンなのです。

パワーで大きく家庭用のミシンに差をつけているのですね。

そしてパワーがあるということは、厚手の布地でも縫えるということです。

家庭用のミシンだと厚手、デニムなど縫うには苦労しますが、職業用のミシンなら楽に縫うことができるのです。

縫い目が綺麗に出来上がる

既製品である程度以上の製品の場合、縫い目を見るときれいに揃っていますね。

縫う人の技量ももちろん影響しますが、やはりミシンの性能がこれに寄与していることも事実です。

職業用のミシンは何よりも、既製服をきれいにしっかりと縫うことを目的として作られています。

つまり、仕上がりが家庭用のミシンよりも綺麗にできる、ということなのです。

何故この違いが出てくるのかと言えば、縫製スピードが違うからなんです。

職業用のミシンの場合縫製スピードが早いので、糸締りが良くなり結果きれいな縫い目で出来上がるのです。

もちろんモーターの大きさも、これに関係してきています。

残念ながら職業用ミシンで出来ないこと

こんな素敵な性能の工業用のミシンですが、出来ないこともあります。

職業用ミシンというのは、直線縫い専門のミシンなのです。

複雑な機能を省いて、直線での縫い目の美しさを追求したミシン、と言っていいでしょう。

なのでできるのは、直線縫いだけなのです。

家庭用ミシンでは簡単にできる、模様縫いや裾かがりなどが出来ないのです。

ちょっと残念に感じますが、そういった場合には他のミシンとの抱合せで使用がおすすめです。

例えば、直線縫いは職業用ミシンで、ボタン穴とかの作業は家庭用ミシンで、と使い分けるのです。

こういった使い方をすれば、オールマイティに縫い物が出来ますね。

こんな人におすすめ職業用ミシン

とは言え、結構お値段も高いミシンの種類なので、使用がおすすめのタイプを挙げていきましょう。

縫い物の初心者

え、初心者に職業用ミシン、と驚く人もいるかもしれません。

でも実際のところ、初心者にはこの職業用ミシンのほうが使い勝手がいいのです。

というのも、基本中の基本直線縫いをガッツリと練習することができるからです。

直線縫いをマスターしてこそ、他の細々とした縫い方に移れるというものです。

でも職業用ミシンって縫製スピードが早くて怖い、と思う人の場合も心配はありません。

職業用のミシンはフットコントローラー使用のものがほとんどですが、ゆっくり縫いのコツも使っていればつかめるものです。

また手元にスピード調整の着いているミシンもありますので、それで調整していって下さい。

ミシン使用の中級者以上

ベテランにももちろん、この職業用ミシンはおすすめです。

ミシンによる縫製というもの、はまっていくとわかるのですが、普通の家庭用ミシンのパワーやスピードでは、中級者以上は物足りなくなってきます。

もっといろいろな布地を縫いたいのに、家庭用ミシンではパワーが足りない、縫い目がきれいに仕上がらない、などの不満が出てきます。

そういった場合に、2台目として職業用ミシンを購入するのも、一つの手です。

使い分けをして、これまで以上にきれいな仕上がりの手作り作品を作る事ができるのです。

特に多くの素材を扱う機会の多い人には、職業用ミシンは格段に作業効率も仕上がりもアップするのでおすすめしたいです。

まとめ

工業用、職業用のミシン、実は普通の家庭でもしょしんしゃからベテランまで利用ができる、ベーシックで性能の良いミシンなのです。

シンプルなだけに使い勝手もよく、そしてしっかりとした縫い目できれいに仕上がります。

ミシン掛けが趣味、これから多くミシンを利用する予定という人には、1台家にも欲しいミシンですね、